飲食店営業許可申請とは | 神戸の行政書士ココア法務事務所

飲食店営業許可申請

カフェ・居酒屋・bar・レストラン

            

飲食店営業許可

カフェ・居酒屋・bar・レストランなどの飲食店を営業する場合、「飲食店営業許可」が必要になります。

居酒屋・barなど深夜帯に酒類を提供するお店は「深夜酒類提供届出」も必要になります。
 →詳しくはこちら

飲食店営業許可でキャバクラ・ラウンジなどは営業出来ません。
 →詳しくはこちら

魚介類や肉類を生のまま販売する場合は、「魚介類販売営業許可」「食肉販売営業許可」が必要です。
 →詳しくはこちら

「飲食店営業許可と言っても、一体何から手を付けていいのか・・・

要するに個人で開業される場合は下記書類を用意すればいいのです。
①営業許可申請書
②施設の平面図・機械器具の配置図
③食品衛生責任者設置届
④水質検査成績表(貯水槽・井戸水を使用する場合のみ)

調理士免許について

「飲食店営業許可を取るには、調理師免許が必要??」というご質問がよくありますが、飲食店営業許可の要件としては必要ありません。

調理師免許をお持ちですと、許可の要件となる「食品衛生責任者の講習」が免除されます。